家を建てたい人のための情報マガジン

湿度管理は大切です!

室内で人が快適に感じる湿度50%程度だそうです。

 

湿度が低いと空気が乾燥して肌やのどが乾燥して風邪をひきやすくなったり、インフルエンザウィルスが活発になったりします。

逆に、湿度が高いと、カビが生えるダニなどの害虫が増える、など、いろいろな悪影響がでることがあります。
それだけではなく、窓に結露が発生し、カーテンカビが生えたり、体温調節がうまくできなくて熱中症になりやすくなったりします。

ではどうして窓に結露が発生するのか?

簡単に言うと、お部屋の中と外の温度差が大きいからです。

 

「窓の外側の結露」についてはこちらもご参照ください。

「相対湿度と絶対湿度と飽和水蒸気量」についてはこちらもご参照ください

 

その結露を防ぐ方法として一般的なのは、換気除湿です。

 

換気をすること。
窓を数か所開けて空気の流れを作ります。
これは冬は空気が乾燥しているため効果がありますが、夏は湿度の高い外気を取り込むことによって、逆に結露が発生してしまうことがあります。

次に、除湿ですが、除湿器エアコン除湿機能を使う方法が簡単ですね。
部屋の温度を下げなくても、湿度を下げることで、ずいぶん過ごしやすくなります。
扇風機を一緒に使うと、もっと空気の流れが良くなります。

 

梅雨の時期など、雨が続くとどうしてもジメジメとして湿度が高くなりますよね。

お部屋の中の湿度が高くなる理由としては、だけではなく、お風呂のお湯を溜めっぱなしにしていたり、洗濯物を室内に干していたり、観葉植物を置いていたりとさまざまです。

 

ちなみに、洗濯物を室内に干すと、どうしても気になるのは「部屋干し臭
これを防ぐには、洗濯槽を洗う、この時だけはなるべくお風呂の残り湯を使わない(お湯の中にも多くのが潜んでます(>_<))、部屋干し用の洗剤を使うなど、簡単なことから対策してはいかがでしょうか。

 

湿度は高すぎても低すぎても快適に過ごせませんので、温湿度計などを使って湿度管理をしましょう!

エンペックス気象計 温度湿度計 エクシード温湿度計 壁掛け用 日本製 ブラック TM-2302

 


 

HOUSEリサーチ運営事業部
ひとみん(サービス裏方 がんばってます♪)
家についてのあれこれ、楽しく学んでいます!

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE