家を建てたい人のための情報マガジン

「カーテン派」の方、カーテンレールはケチったらダメですよ!




皆さんは、

カーテン派ですか?

ブラインド派ですか?

ハニカムシェード派ですか?

それとも、

窓はそのまま派ですか?

 

今回のコラムは、これから家を建てる方で、「カーテン派」の方向けです。

まずは、こちらのコラムを読んでいただければと思うのですが

↓↓↓

家の値段っていくらなの???すべてのお金を並べてみました。

 

そうなんです。

家の値段に、カーテンやカーテンレールの値段は入っていないのですよね。

そこで、カーテン専門店を紹介してもらったり、自分でお店を探して購入します。

(住宅会社の紹介だと、家の引き渡し時にカーテンレールやカーテンが設置されている状態となりますが、自分でお店を探す場合だと、家の引き渡し後に設置するのが一般的です。)

 

お店で気づくのですが、

カーテンってけっこうお高いのですよね。

 

値段はピンキリなのですが、やはり素敵なカーテンはお高いのです。

えっ?住宅会社の営業さんが言ってた金額では全然足りない!(汗)

なんてことは普通です。

そこで、カーテンに予算をかけるため、カーテンレールの予算が削られることも。

 

1階のリビングのカーテンレールにはお金をかけて、おしゃれなものにしよう!

でも

2階は、安いカーテンレールでもいいか!

となって

いわゆる、こういうカーテンレールを設置することが少なくありません。


グラムスタイル カーテンレール 3m ホワイト

いわゆる、賃貸マンション等に設置されているカーテンレールです。

お値段がリーズナブルなのですよね。

 

カラーも数色ありますので、お部屋に合わせて選べます。


カーテンレール(木目ダーク)

お店の方も、提案時に当たり前に、2階のカーテンレールには、この手の商品を入れていたりします。

 

こちら、カーテンレールメーカー、TOSOさんのホームページです。

(様々な素敵な製品を、ぜひ、ホームページで御覧ください。)

著作権の関係で、一部しか写真を並べられませんが、

ご覧いただくとわかるように、本当に素敵なカーテンレールがたくさんあります。

 

素敵なカーテンは、やはりカーテンレールとセットで映えてきます。

カーテンレールをケチってしまうと、せっかくのカーテンがもったいないです。

 

カーテンレールにも、ピンからキリまで、様々な値段があります。

提案されるカーテンレール以外にも、様々なカーテンレールがありますので、ぜひ、しっかり検討してみてくださいね。

ほんの数千円の予算を上げるだけで、あなたが選んだカーテンが映える、カーテンレールに変わりますよ!

 

ちなみに、いっしー宅の「2階」のカーテンレールは、TOSOさんのこちらの商品です。

装飾レール レガートプリモ

かなりお奨めです!

(オプションで遮光モードにできるのを初めて知りました!)

 

ということで、今回は、これから家を建てる方で、「カーテン派」の方向けのコラムでした。

カーテンって、実はけっこう奥深く、カーテンをどのように開けるのか?という視点から考えても、窓まわりの製品はかなり変わってきます。
(おしゃれな開け方もいろいろあるのですよね♪ 「カーテン 開け方」等で検索してみてください。)

カーテン専門店のスタッフさんはプロですので、いろいろ相談してみてくださいね。

 

カーテンとカーテンレールは部屋の雰囲気を大きく変えますよ!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 




 

住宅会社・設計事務所の皆さま、「HOUSEリサーチ」で良縁をお繋ぎいたします!

 

 

CLOSE