家を建てたい人のための情報マガジン

「窓の外側の結露」に驚くべからず!窓の断熱性と窓の内外結露のお話

今朝は、うちの外気温は10度を下回りました。季節らしく寒くなってきましたね。

我が家に、こんな日に起こるのが「窓の外側の結露」です。

えっ、窓の内側でなくって、窓の外側???

最近の家では、窓の断熱性が良いので、このようなことが起こります。

(窓と断熱性)

 

一般的な、冬の「窓の内側の結露」の仕組みはこうです。

加湿により、室内空気の絶対湿度が上昇

窓の断熱性が低いために、外気温で窓の外側だけでなく内側の温度も下がる

窓の内側の空気が冷やされ、室内空気の相対湿度が上昇

あふれ出た水分が「結露」となって窓の内側につく

 

(結露についてはこちら)

 

対して、冬の「窓の外側の結露」の仕組みはこうです。

外気温が下がる

窓の外側が外気温で冷やされる

窓の断熱性が良いため、室温が窓の外側まで伝わらないため、窓の外側の温度が上がらず、冷たいままの状態

窓の外側の空気が冷え続けるにつれ、相対湿度が上昇

あふれ出た水が「結露」となって窓の外側につく

 

こちらは、車がびっしり濡れているのと同じですね。
鉄の熱伝導率は84W/m・K と、超高いですので、すぐに冷たくなってしまいます。)
(車の場合、更に寒くなると、露が霜に変わります。)

 

窓の断熱性が高いと、外気温が窓の内側まで伝わらないので、
窓の内側の温度が下がらず、窓の内側の「結露」は起こりにくくなります。

 

ちなみに、ガラスの熱伝導率は 1.00W/m・K

コンクリートの熱伝導率は 1.63W/m・K ですので、実はコンクリートより熱が伝わりにくいのですが、窓ガラスは非常に薄い!ため、あっという間に熱が伝わってしまうのですよね。

そのために、ガラスとガラスの間に、熱伝導率の低い気体(空気、アルゴンガス、クリプトンガス)を入れて、ペアガラスやトリプルガラスとなったのですね。

(窓と断熱性)

 

ということで、室内結露予防のためにも、窓の断熱性って超重要です!

トリプル以上のガラス、樹脂サッシを採用されている家は、「窓の外の結露」を楽しんでくださいね。

 

【この日の気温、湿度、温度情報】

午前7時 晴天

室内 気温19.8℃、相対湿度 50%
(室内の場合、温度が8.5℃以下になると、相対湿度が100%を超えるため結露します。)

室外 気温7.0℃、相対湿度 80%
(室外の場合、温度が3.6℃以下になると、相対湿度が100%を超えるため結露します。)

室内窓(トリプル)の温度 9.3℃(結露なし、あと約1℃下がると結露なんですね(汗))
室内窓サッシ(樹脂)の温度 15.5℃(結露なし)

屋外窓(トリプル)の温度 2.0度(結露あり)
屋外窓サッシ(樹脂)の温度 5.1℃(結露なし)

車のルーフ(外側)の温度 1.2℃(結露あり)
車のガラス(外側)の温度 1.1℃(結露あり)

 

【測定にはこちらの機材を使いました】


シチズン コードレス温湿度計(簡易熱中症指標表示付き) THD501


MYCARBON 赤外線温度計【非接触式 0.5秒高速検温】デシタル温度測定器 デシタル温度計 料理温度計 クッキング 工業/家庭温度管理 自由研究に最適 液晶LCD表示 -50~+380℃ 日本語説明書付き(黒色版)

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

CLOSE