家を建てたい人のための情報マガジン

「間取り」を失敗しないために。ちゃんと「距離」を測ろう!

家を建てる際に、もっとも楽しい時間が「間取り」決めです!!

住宅会社との契約も終わっていますので、あとは理想の家に向かって一直線に進む最初の段階です。

 

ハウスメーカー等は図面とともに3Dパース等を作成してくれるのでわかりやすいのですが、建物に慣れていない人は、図面から立体図を想像しにくいものです。

最近は、「マイホームデザイナー」というソフトウェアで、簡単に立体イメージを作成することもできるそうです。


3Dマイホームデザイナー12 オフィシャルガイドブック付

家づくりのInstagramを見ていても、利用されている方がけっこう多いですね。

私も個人的に使ってみたかったのですが、幸い、住宅会社より立体パースをいただいていたので、そちらでイメージできました。

 

さて、「間取り」決めで、最も後悔するのが、

住み始めて「こんなはずじゃなかった・・・」

というものです。

・えっ、思ったより部屋が狭い!
・家具が入らないのですが・・・
・ドアの幅って、こんなに狭かった?

などなど、図面では大丈夫と思っていたのに、建ってみると意外と違うということがあるのですよね。

 

原因はいくつかあります。

 

1.尺モジュールで頭の中でイメージしているが「柱の幅」を考慮に入れていない。

間接的にですが、こちらが参考になります。

 

2.図面に書かれているイメージ家具や車が小さすぎる。

駐車場に関しては、こちらが参考になります。

 

3.自分自身が「間違った空間認識をしている」

これが今回のコラムのメインテーマです!

 

なんか、図面を見ていると

「プロの方が設計してくれているから大丈夫だろう」

という、謎の安心感があります。

 

図面は、何回も見ていて、最終的に自分自身で確認して承認印を押すわけですが、この「空間認識」がずれていると、「思ってたのと違う!」ということになってきます。

誰の責任でもなく、最終的に、自分自身の責任です。

こんなことにならないように、しっかりと「空間認識」をすることが大切です。

 

私が行っていたやり方を記載しますね。

必要なものは、

三角スケールと、


コクヨ 三角スケール プラスチック芯 15cm TZ-1562
タジマ ハイ-25 5.5m 25mm幅 メートル目盛 H25-55BL

 

5m以上のメジャーや巻尺と、


タジマ ハイ-25 5.5m 25mm幅 メートル目盛 H25-55BL


『テープメジャー50m』両面メモリ(メートル・フィート表示)巻尺

 

レーザー距離計です!


BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM7000 【正規品】

 

少々、出費が必要ですが、これは絶対に手に入れておいた方が良いです。

 

1.まずは図面をしっかりと見て、各距離を測ります。

図面の注意が必要なのは「柱の幅」が考慮されていないということ。

基本的に図面は、柱の中心から中心の距離で記載されています。← ここ大切!

例えば柱が12cm角のものでしたら、柱の半分は12cm÷2=6cmですので、両端で6cm×2=12cm分、部屋が狭くなります。
(正確にはその上に壁が貼られますので、もう少しだけ狭くなります。)

この距離を、図面に書き込んでいきます!

三角スケールを使って、細かな寸法を測っていきます。

図面をPDFで送ってもらう場合、印刷すると、そこに書かれている縮尺は間違いなくずれていますので注意が必要です。

必ず、住宅会社からもらう図面の上に三角スケールを置いてください!

 

2.今、住んでいる場所で、レーザー距離計で幅を測りまくります。

例えば、キッチンの幅、キッチンの前面と後面との間の距離。

ソファに座ったときの、テレビまでの距離。

ダイニングテーブルを置いたときの、テーブルと壁の距離。椅子と壁の距離。

大きなダイニングテーブル、大きなソファは魅力的ですが、部屋に入れてみてびっくり!

とういことが多々あります。

もちろん、天井の高さ、廊下の幅、階段の幅、トイレの広さ、洗面所の広さ、クローゼットの奥行き・幅、玄関の広さ等、ありとあらゆるものを測定してみましょう!

今の住んでいる場所の広さ、図面を見比べながら、広さを体で確認しましょう!

 

3.メジャーや巻尺を使って、購入したい家具のサイズを出した状態で床に置きます。

先の方法と同時に、メジャーや巻尺を使って、家具のサイズを実際に目で確かめましょう!

寸法を固定して、床に置いてみるだけで、一目でわかります。

現在の家具より、どれくらい大きくなのか、といったワクワクも体感できます。

図面と家具のカタログ値を見比べるだけだと、失敗する確率が高まります。

 

 

家の中だけでなく、家の外も測りまくりましょう!!

 

 

4.現在の駐車場の縦横の長さを測ります。

外構を検討する際に、よく失敗するのが駐車場スペースです。

住宅会社から、○mぐらいあれば大丈夫ですよ!と言われても、しっかりと検討しましょう。

片側のドアだけ開けばよいのか? 両側のドアが開けばよいのか?

2台並列で止めるならば、同時にドアが開くようにするのか?それとも1台が開けばよいのか?

駐車をした際に、家の外壁との距離はどのくらいなのか?

トランクやバックドアは、駐車した状態で開くのか?

特にカーポートを設定する際には「2000mm」ぐらいは柱で取られますので、注意が必要です。

2台用のカーポートの場合は、気をつけないと、とても窮屈になることも。

 

5.外構の各距離もしっかりと測ります。

駐車場を含めた外構の部分も、しっかりと巻尺やレーザー距離計を使って測っていきましょう!

特に「塀」の厚みを考慮しなければなりません。

「塀」を建てるには「土台」が必要です。

ブロックの幅は100mmまたは120mmが一般的です。

つまり「土台」の幅は、ブロックの幅より広い訳ですね。

基本的にこの土台の幅は、すべて自分の敷地内となりますので、注意が必要です。
(分譲地等で隣地がある場合は、中央線に土台の真ん中がきますので、半分の長さとなります。)

 

 

家が建った後に「思っていたのと違う!」となっても、どうしようもありません。

後悔、先に立たず。

これから長い間、住んでいく家です。

設計士を信用する事はもちろん大切ですが、必ず、すべての寸法を測定して、体感して、自分自身の目で確認していきましょう!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

CLOSE