家を建てたい人のための情報マガジン

基礎マジック!人間の感覚って不思議!!

家を建てるにあたって、様々な打ち合わせを重ねて、契約書に調印!

地鎮祭が終わり、基礎工事が始まります。

いよいよ、家が建ち始めました。

ワクワクが止まりませんよね♪

 

地ならし、砕石、捨てコンクリート、防湿フィルム、スラブ配筋、型枠施工、打コンクリート、という工程を経て、基礎が完成します。

だいたい、このあたりで施主見学ですね♪

 

この時に、ほとんどの方がこう思うのです。

えっ、うちの家、狭くない???

これは一般的に、

基礎マジック!

と呼ばれています。

実際に家が建った時に比べて、間取りが小さく見えることを言います。

Instagramでも、#基礎マジック のワード投稿は少なくありません。

 

どのくらいの感覚かといいますと、

私の経験でお話しすると「驚愕」するレベルです(笑)

えっ、玄関ってこれだけ?

えっ、リビングってこんなに狭いの??

えっ、ここにお風呂入るの???

えっ、この和室って、人が入れるの???

えっ、6帖ってこんなに狭いの?????

 

となります。ほぼ、全員がびっくりします・・・。

 

人間の感覚って不思議ですよね。

 

基礎の上に、柱が建って、壁ができてくると、不思議なことに普通になってきます。

あれ、大丈夫なんだね!

という会話が家族で交わされます♪

 

もっと不思議なことに、引渡し時の何もない部屋より、家具が入った方が更に広く感じます。

本当に、人間の感覚って不思議です。

 

人間の広さや高さを感じる感覚って、何らかの「基準」が必要なようです。

壁があって距離がわかる。

自分の目線と比較して、高さがわかる。

家具が入って、部屋の余白で広さを感じる。

逆に言えば、この感覚を利用して、狭い部屋でも広く感じさせることも可能です!

 

これから家を建てる皆さん、この「基礎マジック」、楽しんでみてくださいね!

 

↓ こちらもセットでご覧ください!

「間取り」を失敗しないために。ちゃんと「距離」を測ろう!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE