家を建てたい人のための情報マガジン

「太陽光発電」は停電時に役立つの? マジ調べしてみました。

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)のおかげで、あちこちの家の屋根に「太陽光電池」が載ってきました。

こんなに太陽光電池ばかりでは家の景観的にどうなのだろう???と思うこともありますが、本当に普及してきたなぁと思い

ます。

 

太陽光発電を検討する場合の「営業トーク」として、次の2つがあります。

 

1.太陽光で発電した電気を売って、月々の住宅ローンを軽減しましょう!
(ZEHの補助金をもらいましょう!も含むことにします。)

2.災害時(停電時)でも安心して電気が使えるよう、太陽光発電をしましょう!

 

1.に関しては、こちらをご参照ください。

 

今回は、2.に関して、しっかりと考えてみます。

 

そもそもなのですが、

使用する電気と、太陽光発電の関係はこのようなグラフイメージになります。

昼間の発電量に比べて、使用量はとても少ないということがわかります。

ということは、

「電気が止まったとしても、日中は問題なく家の電気は使えますよね♪」

と思うのですが・・・

なんと、そうではないのです!

 

そういえば、太陽光発電の検討の際に、

「災害時には、自立運転用コンセントがありますので、このコンセントから電気が使えます!」

という説明を受けるのですね。

自立運転用コンセントは1ヶ所のみ!

つまり、すべての電気はストップして、この自立運転用コンセント1ヶ所を利用した家電しか使えない!ということなのですね。
(パワーコンディショナの自立運転モードへの切り替え方が必要です。)

 

「んんん??? どうして、日中は発電量がたっぷりあるのに、普通に電気が使えないの???」

と、思う訳ですね。

 

私、この質問を多くの方にしてきたのですが、なんと、誰もきちんと回答してくれないのですね(汗)

しかも、この1ヶ所の自立コンセント、なんと使える消費電力は1500wまでなのです!

 

各種家電の消費電力を並べてみます。

こちらを参考にさせていただきました。

電子レンジ 1300W
炊飯器 350W~1200W
珈琲メーカー 450W~650W
オーブントースター 1200W~1350W

冷蔵庫 150W~500W

洗濯機 500W~900W
エアコン 45W~2000W
扇風機 50W~60W
こたつ 600W~800W

テレビ 300~500

ドライヤー 600W~1200W

ノートパソコン 50W~120W

携帯電話(充電時) 15W

 

コンセントは2口ですが、蛸足をするにしても、これらの家電を組み合わせて「1500wを大きく下回る」ように使用しなければなりません。

1500wを一瞬でも上回った時点で、すべての家電が落ちてしまいます。

落ちてしまうと、復旧もなかなか面倒です。

洗濯と料理の同時並行は難しそうです(汗)

扇風機以外の冷暖房も我慢せねばですね。

しかも、自立運転用コンセントに延長コードで届く範囲でしか家電が使えません・・・

うーん、とっても不便。

 

そこで、先ほどの質問です。

「んんん??? どうして、日中は発電量がたっぷりあるのに、普通に電気が使えないの???」

 

はい。調べまくりました。

わかったこととして、たぶん、このあたりが理由です。

 

・停電した時点でパワーコンディショナが使えなくなるので、太陽光発電の電気を使えない

・太陽光発電の電気でパワーコンディショナを動かせたとしても、発電量には大きなムラがあり、太陽が雲に隠れた時点で電気が不足し、すべての家電が落ちる。
(一度、落ちてしまうと、パワーコンディショナの復旧がなかなか面倒。)

・同じ理由で、曇りの日、雨の日、晴天でも朝と夕方に家電の使用を制限しなければ、すべての家電が落ちる。

・停電により電線に電気が通っていない状態で、家から電線に余剰電気を送電していると、復旧作業がとっても危険!

 

現状では、太陽光発電で「自立した生活」というのは、なかなか難しいのですね。

 

これを解消するためには、安くて大容量の蓄電池の普及を待たねばなりません。

日産のLEAF等の電気自動車がある場合は、家の電気としても使えますが、専用のパワーコンディショナの設置が必要です。

このあたり、早く、規格化して標準装備にしてほしいですね。

あっ、その前に電気自動車の普及促進という問題がありました(泣)

 

ということで、結論ですが、

「災害時(停電時)に太陽光発電は日中のみわずかに役立つかも!」

もう少し、時代が経てばなんとかなるかもですね。

 

(追伸)Youtubeで、災害時の太陽光発電の無効性について明言されている、工務店さんの解説動画を見つけました!ご参考ください。

 

ちなみにですが、災害時に復旧が一番早いのは「電気」と言われています。

◎復旧までの日数

【阪神・淡路大震災(平成7年1月17日)】
電気:約6日、ガス:約70日、水道:80日
https://web.pref.hyogo.lg.jp/pa17/pa17_000000002.html

【新潟中越地震(平成19年7月16日)】
電気:約2日、ガス:約40日、水道:20日
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/lifeline1908271100,0.pdf

 

最大1週間を乗り切ることができれば、エネルギー使用に関しては、オール電化住宅は安心といえるのかもしれません。

あっ、太陽光発電、関係ないですね(汗)

 

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE