家を建てたい人のための情報マガジン

自分だけの空間【ヌック】を作りませんか?

「ヌック」

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

ヌックとは、「小ぢんまりとした囲われた空間、居心地のいいスペース」のことを言うそうです。

 

素材を活かしたオークの家具が似合う家 | 愛媛県大洲市

こちらはリビングダイニングに隣接してつくられたヌックです。
庭を眺めながらコーヒーを楽しむことができるあえての小空間が落ち着き感を醸し出しています。

みなさんは、子どもの頃に秘密基地のような場所や階段下などの狭い空間で遊んだことはありませんか?

ワクワクしながら楽しい時間を過ごしていた人も多いはず♪

そんな、居心地がいいちょっとしたスペースを、お家の中に作る方が増えてきてるのだとか。

海外では、ヌックを作り子供にを読んであげたり、ゆっくりティータイムを過ごしたりしているようです。

 

家族みんなが同じリビングにいても、テレビを見ている人、本を読む人、携帯電話を触っている人など、それぞれ別のことをしている場合、ヌックがあれば、程よい距離感で快適に過ごすことが出来るといいます。

 

窓際に座れるくらいのスペースを作り、外を眺めながら本を読んだり、リビングの壁を少しくぼませ、テーブルと椅子を置いて自分だけのくつろげる空間を作ったり、1畳ほどのスペースを書斎風にして、趣味に使う空間にしたりと様々な使い方ができるみたいです。

 

 

リビングやダイニングをかなり広く作らなくてはならないのではなく、ただ端のほうに、ドアなどで仕切る必要もなく、一人用のイスを置くとか、小上がりにしたり壁紙を変えたりするだけでいいのです。

 

階段下のちょっとしたスペースや、少し大きめに作った踊り場などでも十分なので、そこに、大きめの本棚を作りイスやクッションを置くと、それだけで自分だけの読書スペースが出来ます。

 

また、子供さんには、ロフト押し入れを活用したり、キッズテントを置くだけでも秘密基地のような遊び場にできますね。

 

自分だけの、リラックスできる落ち着く場所になるけれど、あまりお金もかからず工事も必要ないとなれば、いつでも簡単にできますので、取り入れやすいですね。

 


 

HOUSEリサーチ運営事業部
ひとみん(サービス裏方 がんばってます♪)
家についてのあれこれ、楽しく学んでいます!

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

住宅会社・設計事務所の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE