家を建てたい人のための情報マガジン

好きな家を建てるのか?好きな街並みに住むのか?

私は家を見るのが好きです。

あちこちの分譲地を、家が建つ前から家が建った後まで眺めています。

なんとなくですが、家の流行というか、デザインは、5年単位ぐらいで変化があるように感じます。

住宅地も良く見れば、分譲された時期の違いにより、家の違いがあります。

家の形だったり、屋根の形だったり、外壁材の違いだったり。

ただ、日本の街並みを見てみると、家の形は千差万別で統一感がないことも。

プロヴァンス風の家の横に、純和風の家があったり、キューブタイプの家があったり。

先日、そんな話をとある住宅会社でしていたところ、

「それが、日本の良いところでもあるのです」

と教えていただきました。

好きな家を自由に建てることができる!

これが、日本の素晴らしいところ。

確かに、海外の有名な街では、街の景観を損なわないように家のデザインには、大きな規制がかかっているとか。

私の住む県のとある町でも、中心部は街並みの規制がかかっています。

大手が展開する住宅地や、建築条件付の分譲地は、特定の会社の家が同時期に建つため、街並みが揃います。

先日訪れた巨大住宅地は、ブロック塀が禁止されており、区画毎に指定された木で生垣が作られていました。

生垣だと年数が経っても、古さを感じにくいのだとか。

好きな家を建てるのか?

好きな街並みに住むのか?

あなたはどちらを選びますか?

この選択の自由があるのは、日本の良いところなのですね。

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE