家を建てたい人のための情報マガジン

「家」「住宅」に関するカタカナ言葉あれこれ

住宅商品やマンションなど、様々な「カタカナ言葉」が使われています。

今回は、そんな家に関する「カタカナ言葉」を一挙にご紹介します!

 

home【英語】ホーム
(生活の場としての)家,わが家

house【英語】ハウス
家、建物

まずは、基本的な「ホーム」と「ハウス」の違いです。

ハウスが建物そのものを表すのに対して、ホームは自分の家という感じでしょうか。

I’m home !(ただいま!)

という言葉が、違いをわかりやすく表現していますね。

 

 

casa【スペイン語・イタリア語】カーサ
家、住宅

meison【フランス語】メゾン
家、建物

「カーサ」は雑誌や建物、会社名等、様々な場所で見かけますね。

私も、Casa BRUTUSは愛読雑誌です!
スペイン語・イタリア語と、ヨーロッパ系の単語です。

同じく「メゾン」はフランス語と、こちらもヨーロッパ系。
日本では、低層階の集合住宅(アパートやコーポ)によく使われていますね。

 

 

ちなみになのですが、

corporate house【英語】コーポレートハウス
共同住宅
コーポは和製英語

apartment【英語】アパートメント
共同住宅
アパートは和製英語

mansion【英語】マンション
豪邸・邸宅

「アパート」や「コーポ」というのは和製英語なので、日本でしか通じません。

ちなみに「マンション」は豪邸・邸宅を指し、共同住宅という意味はありません。

日本では、「アパート」や「コーポ」は低層階の集合住宅、「マンション」は高層階の集合住宅を指すことが多いのですが、

どれも和製英語なのですね(汗)

英語圏に行って「私はマンションに住んでいる」と言うと、「豪邸に住んでいる」人だと思われます。
まぁ、タワーマンションの場合は、ある意味、正解だといえるのかもしれません。

 

 

palace【英語】パレス
英語:宮殿、公邸

residence【英語】レジデンス
住宅,家,邸宅;官舎,官邸

court【英語】コート
区画
庭で囲まれた大邸宅

villa【英語】ヴィラ
郊外の邸宅、別荘

マンションや、分譲住宅団地で使われている「家」に関する言葉です。

パレスやレジデンスというのは、公的な偉い方が住む家の意味となります。

コートは、家というより区画。
そこから転じて、広い庭に囲まれた大邸宅のことをいうことも。

ヴィラは、別荘的な宿泊施設として、そのまま単語として使用されていますね。
マンション名としても、かなり使われている単語です。

 

 

heights【英語】ハイツ
高台(にある家)

LEBEN【ドイツ語】レーベン
生活、人生

ハイツは、実は「家」という意味は少なく、高台という意味がメインです。
高台に作った団地や集合住宅に、よく見かけますね。

レーベンは、マンションで見かけます。
生活観、人生観を表す単語として、家と結びつけているのですね。

 

 

cozy【英語】コージー
(暖かくて)居心地のよい

porte【フランス語】ポルテ
ドア

その他、コージーやポルテ等の単語の意味も記載しておきます。

 

 

ということで、いろいろな「家の単語」をまとめてみました。

単語の意味を知っておくと、様々な住宅商品やマンションの名前を見た際に、その意図がよくわかります。

この「家の単語」のまとめ記事、気になる単語を見つけたら、少しずつアップして情報を増やしていきますね!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 




 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE