家を建てたい人のための情報マガジン

工務店、設計事務所、ハウスメーカーの違いって何? 家を建てる前に、まずはこの違いを確認しましょう!

HOUSEリサーチでは、家を建ててくださる方々のことを

建築家・住宅会社(ハウスメーカー、工務店、設計事務所等)

と表現させていただいております。

 

一般的に「建築家」というと、

安藤忠雄さんとか、丹下健三さんとか、黒川紀章さんとか、隈研吾さんとか、

なんか、錚々たるお名前ばかりが浮かんできますね。

 

日本の有名建築家14人とその代表作を徹底解説

日本人なら知っておきたい!海外でも有名な日本人建築家9人

日本の建築家一覧

 

日本建築家協会さんのホームページでは「建築家」について規定もされています。


 

HOUSEリサーチでは、私たち個人の住宅も、立派な「建築物」であり、施主さんと共に作った「作品」と考えておりますので、「建築家」という名称を使わせていただいています。

 

さて、

建築家・住宅会社(ハウスメーカー、工務店、設計事務所等)

と書かせていただいておりますが、

()の中の、

ハウスメーカー、工務店、設計事務所、というのは、いったい何が違うのでしょうか?

いろいろ考え方があるかと思いますが、以下、ご参考いただければと思います。

 

【設計事務所】

「住宅の設計」「施工管理」をするのが主な仕事です。
「施工」に関しては、工務店や大工さん等に依頼します。

「住宅の設計」というのは、施主さんと打ち合わせをして図面を起こすだけでなく、住宅の世界観をつくり、部材を選び、各種 建築に関する法律に基づく設計を行い、役所への書類を申請していきます。

施工が始まると、きちんと設計図通りに施工されているのか、納期に間に合うのか、等、全体管理を行っていきます。
これが「施工管理」です。
建築と施工が分かれているため、家の建築費とは別に「設計料」が必要となります。
会社が違うので、当然といえば当然なのですよね。

設計事務所では、本当の意味で「自由設計」が行えます。
ただし、設計事務所ならではのこだわりがある所が多く、そういう意味では「自由設計」でない場合もあります。

 

【工務店】

「住宅の施工」を行うのが主な仕事です。

住宅を建てるには、大工さん以外にも、様々なプロの仕事が必要です。
職人や専門業者をまとめあげて工事を行う会社が「工務店」です。

「工務店」も幅が広く、いわゆる大工の棟梁タイプの工務店、社内に設計士を抱えている工務店、設計は行わず施工だけを行う工務店、フランチャイズに加盟しハウスメーカーの形をとっている工務店、独自にハウスメーカーとして取り組んでいる工務店、建売住宅や売立住宅(土地を買う際に建築条件付というなっている場合です)を行う工務店、などなど、会社によって様々です。

 

【ハウスメーカー】

独自のハウスメーカー、フランチャイズ加盟タイプのハウスメーカーとあります。
基本的には、特定の建材・設備などを使った住宅を商品化・シリーズ化して販売しているものです。
建てようとしている家に「名前」がついていたら、その会社はハウスメーカーです。

ハウスメーカーのメリットは、やはり「数」の強さです。
一定の数を建てることを前提に、あらかじめ部材を大量に仕入れたり、前加工できますので、建物の原価をコストダウンすることができます。
また、工場生産が多くなりますので、建物の品質を一定の水準に保つことが可能になります。

更に、一定のルール・規格内で建てることを事前に申請する事で、家を建てるために必要な手続き等を簡略化することが認められています。
これを「型式適合認定」といいます。
手続きも早くなりますので、工期が短くなるのも大きな特徴です。

ハウスメーカーの場合、「自由設計」を謳っていても、実際にはハウスメーカーのルールの中、すなわち規格の中での自由であるため、本当の意味での「自由設計」ではありません
○○メーカールールというのをよく聞きますが、そのルール内でなければ、建てられないようにできています。

デメリットは、「名前」のついたシリーズ毎に、ほぼ同じデザインとなりますので、施工例が多いハウスメーカーほど、あちこちで自分の家と似た家を見かけることでしょうか。

積水ハウスさん、ダイワハウスさん、住友林業さん、一条工務店さん等、そこで家を建てた人は、同一ハウスメーカーの家を見ると、すぐに気がついてしまうという特殊能力を身につけることとなります(笑)

 

 

ということで、家を建ててくださる建築家・住宅会社を探す場合は、

その会社が、ハウスメーカーなのか? 工務店なのか? 設計事務所なのか?

ということをきちんと認識する必要があります。

 

どれが良い、どれが悪い、ということはなく、どこにお願いするのが、自分たちにとって、最も理想に近い家を建ててもらえるのか?ということになります。

コストを抑えて、ローコスト住宅を建てたい方は、基本的にはハウスメーカーにお願いする事となります。

 

いずれにせよ、最終的に、家を建ててくださるのは「人間」です。

部材が良くても、施工が悪ければ、その家は良い家となりません。

信頼できる営業担当者、信頼できる設計士、信頼できる現場監督と出会えれば幸せですね。

デザインや性能や考え方が気に入ったら、次はしっかりと人との人間関係を作りましょうね。

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE