家を建てたい人のための情報マガジン

キッチンのこだわりはシンクの素材と「蓋」!?

キッチンを決める際、おそらく最後に悩むのが、シンクの素材です!

素材?

大きくわけると、

1.ステンレス製
2.人工大理石製(樹脂製)
3.ホーロー製

の3つ!

ホーロー製はあまり見たことがないのですが、海外ではお馴染みのようです。

そういえば、ホーロー製の鍋もあまり見かけなくなったような・・・私だけ???

 

シンクの素材ですが、

【人工大理石製(樹脂製)】
見た目で選ぶと、やはり人工大理石でしょうか。
デザイン性があるのと、つなぎ目がないので掃除がしやすいのが良いですね♪
傷に強いですが、時間が経つと、やはり細かな傷が気になってくるのが悩みどころでもあります。

【人造大理石製】
ちなみに「人造」大理石という素材もあるそうで、
これは、本当の大理石を粉砕して、セメントや樹脂で固め直して作ったものだそうです。
見た目にも大理石で、傷がつきにくいとのこと。

【ステンレス製】
ステンレス製は昔からよく見ていますが、柔らかく耐久性があるのが特徴ですね。
洗っているときに食器が割れにくいのが良いですね。
熱に強く、長く使えるのが大きなメリットですが、銀色が基本になりますので、好みが分かれるところ。

といった感じでしょうか。

 

ちなみに、私個人的には、ステンレス製派です!
ガンガン掃除できます!(笑)

 

ステンレス派の私として、なかなか許せないのが、初期についている排水溝の蓋。
樹脂製のものが多いですよね。
(賃貸ではゴム製も多かったですね。)

この「蓋」なのですが、使っているとどうしてもヌメりが出てきて、変な色がついてきて嫌なのです。

しかも美しくない!

シンクが美しいのに、蓋がデザインのおじゃまになっているような気がするのです。

 

そこで、探しまくって見つけたのがこちら!


伸晃 排水口カバー シルバー サイズ:約直径14.3×1.7cm

うん、ほんと、いいです!

・デザインがよい!
・ステンレスシンクとの一体感がよい!
・蓋の下が見えないので清潔感がある!
・内蓋がくるっと回転して使いやすい!
・ヌメらないので掃除がしやすい!

数年前から使い始めて、今では人に奨めまくっています。

神は細部に宿る!(関係ないけど)

プチアイテムで、素敵なキッチンにバージョンアップしましょう!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 




 

住宅会社・設計事務所の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE