家を建てたい人のための情報マガジン

「未来のミライ」に出てくる「建築家の建てた家」がすごい!

細田守監督の「未来のミライ」を観てきました!


細田守ワールドは、本当に心が温まって良いですね。

映画の内容は、実際に映画を見ていただくとして、
今回のお話は、この映画に出てくる「家」のお話。

 

たぶん、こういうのは初めてではないのかな?と思うのですが、
主人公くんちゃんの家族の家が、いわゆる「建築家の建てた家」なのですよね。

しかも、ものすごく、詳細に出来ているんです。
動線や物語も、この家をベースに出来ています。

びっくりしました!

 

調べてみたところ、この家、なんと

SUPPOSE DISIGN OFFICEの谷尻誠さん
(のチーム)が設計をされていました!


そうなんです。

ちゃんと「設計」されているのです!!

上空からの画像を見てみると、いわゆる「狭小住宅」にあたります。

(画像引用 http://cinemadori.jp/?p=7088

いや、しかし、周囲は豪邸だらけですね!

ということは、くんちゃん家は、間口は狭いけれど、かなり奥行きがある土地ですね。

 

実は、斜面に沿うように建てられており、かなりの高低差がある住空間です。
なんでも、1mごとに部屋が仕切られているのだとか。

(画像引用 http://cinemadori.jp/?p=7088

周囲の家は平地なのに、なぜ、ここだけ丘陵地なの???

ということはさておき、

上から、浴室・洗面所・トイレ、寝室、居間(リビング?)、ダイニング・キッチン、中庭、フリースペース(くんちゃんの遊び部屋)、となっています。

外階段、室内階段とあり、物語の中でも、上ったり、降りたりと、なかなか移動が大変そうな住宅です。
くんちゃんが遊び部屋で遊んでいるときに「おしっこ!」となると、最上階まで我慢です。
お母さんが、赤ちゃん(未来ちゃん)を抱きながら、上り降りしているのを見ると、「気をつけて!」と声をかけたくなります。

その建物の中に「中庭」があり、シンボルツリーが植えられています。
この「中庭」が、物語の大きな役割の場所となってきます。

住み心地はなんとも言えないのですが、とってもおしゃれな住宅です。

谷尻誠さんによると、

「住みづらさは住んでいくうちに、愛着へと変わるんです。
家に愛着を持つのは、便利さからだけではない。」

とのこと。

確かに、家って住んでいくうちに愛着が湧いてきて、自分の家だ!と思うようになりますよね。

実際に建てることが可能だそうで、4,000~5,000万円ぐらいだとか。(土地別)

くんちゃん家は、なかなかリッチだったのですね!

 

詳細は、こちらに特集されていますので、ぜひ、ご覧くださいね。


 

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE