家を建てたい人のための情報マガジン

あなたはどっち?「食器洗い乾燥機」スライドオープン式とフロントオープン式

システムキッチンの必需品と言えば、やはり「食器洗い乾燥機」

食器洗い・食器拭きという家事を大きく軽減してくれる家電ですね♪

 

以前の置き型とは違い、システムキッチンのビルトインタイプが主流となりましたので、見た目にもすっきりです。

また、水の使用量も手洗いより断然少なく、とっても経済的です。

 

ところで「食器洗い乾燥機」には、大きくわけて2種類あるのをご存知でしょうか?

 

1.スライドオープン式(引き出し式)

パナソニック ビルトイン食器洗い乾燥機 (食洗機) 【NP-45MC6T】

2.フロントオープン式

RSW-F402C-SV シルバー(食器洗い乾燥機)

です。(使用可能な良い写真がありませんでした・・・後の記事のメーカーリンクを参照)

 

1.スライドオープン式(引き出し式)

日本国内のシステムキッチンにおいては、大半がスライドオープン式になっているかと思います。

スライドオープン式の大きなメリットは2つ。

・腰をかがめなくてよいので、食器の出し入れが楽!
・粉末タイプ、タブレットタイプ、ジェルタイプ、どの洗剤も使える!

ということです。

スライドオープン式は、乾燥をしっかりしてくれるので、夜に洗っておけば、朝は食器棚にしまうだけです。

逆に、デメリットとしては、

・庫内の容量が小さいため、食器があまり入らない
・食器を下から入れていかなければならないのでコツが重要

というものがあります。

 

40Lタイプが標準品ですが、深型大容量の60Lタイプもあります。

幅は45cmタイプのものが主流ですね。

だいたい、家族4~6人分 40点の食器を洗うことができます。

深型になると、もう少し多くの食器を洗うことができますが、縦に伸びますので、量としてはあまり増えない感じでしょうか。

 

幅60cmタイプになると、家族7人分、50点の食器を洗うことができます。

 

2.フロントオープン式

instagramで人気なのが、Miele(ミーレ)を代表とするフロントオープン式の食器洗い乾燥機ですね。

フロントオープン式は、基本的には海外のタイプです。

国産のフロントオープン式は、リンナイの商品のみとなっております。

 

日本で導入可能な代表的なものとして、

Miele(ミーレ)

ASKO

GAGGENAU(ガゲナウ)

AEG

リンナイ(45cm幅のみ)

ハーマン(生産終了)

等があります。

 

フロントオープン式のメリットは、

・なんといっても大容量!
・鍋からフライパンまで、どんどん洗える!
・2段(3段)の好きなところに食器を置けるので、食器をセットしやすい!

ということです。

逆にデメリットは、

・お値段が高め
・住宅会社やシステムキッチンにより、設置できないケースも少なくない
・ジェルタイプの洗剤は使えない
・余熱乾燥のため、少し水が残っていることがある

となってきます。

 

Miele(ミーレ)の上位機種には、オートオープン乾燥機能という、洗い終わったら少しドアが開いて水蒸気を外に出す機能なんかもあり、この場合は水がほとんど残らなくなります。

 

Miele(ミーレ)の設置の可否について、ネット上の情報を集めてみたところ、

○Miele(ミーレ)が設置できたシステムキッチンメーカー

ヤマハ
ベルテクノ
TOYOキッチン
サンワ
日立
サンウェーブ

×Miele(ミーレ)が設置できなかったシステムキッチンメーカー

クリナップ
サンウェーブ
ミカド
toto
タカラスタンダード

 

が挙げられていました。

住宅会社によっても対応が違うのかもしれません。

Miele(ミーレ)については、ぜひ、instagramの生の声を見てみてくださいね。

 

個人的には、フロントオープン型は幅60cmのものがお奨めです!

もう、何でもかんでも入ってしまいます。洗えちゃいます。

ただ、幅を取ってしまいますので、収納が狭くなったり、配水管の位置を変更したりする必要もあるので注意が必要です。

 

フロントオープン型を設置する場合、国産メーカーのキッチンの場合、引き出しの面材と合わないことがあったり、面材をキッチンと同じにする場合は、キッチンメーカーに作ってもらう必要あったりします。

ちなみに、唯一の国産、リンナイのフロントオープン型は幅45cmのみとなっています。

また、フロントオープン型の「食器洗い乾燥機」は200Vの電圧が必要ですので、電源増設工事が必要です。
(スライドオープン型は100Vです。)

 

 

ということで、皆さんは、どちらの「食器洗い乾燥機」をつけられますか?

Miele(ミーレ)の上位機種になると60万円ぐらいになってきますので、予算と相談しながら決めてくださいね。

ちなみにちなみに、「食器洗い乾燥機」の保証期間は10年間!

すなわち、耐用年数も10年間ということで、常時使用の電化製品である以上、その前後で故障・買い替えの時期がやってきます。

買い替えの予算も、しっかり頭に入れて検討してくださいね!

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご参加をお待ちしています!

 

 

CLOSE