家を建てたい人のための情報マガジン

一条工務店に日本の家作りを託す【家を建てる前の勉強書籍紹介】

【家を建てる前の勉強書籍紹介】

今日の一冊


一条工務店に日本の家作りを託す

【学びポイント】
デザイン ☆☆☆☆☆
性能   ★★★★★
コスト  ★★★☆☆
その他  ★★★☆☆

 

※HOUSEリサーチは特定のハウスメーカーさんを推すものではありませんが
とても本質的な勉強になる書籍でしたので、ご紹介させていただきます。

 

初めての「電子書籍」のご紹介となります! kindle初めて使ってみました。

注文住宅を4軒、うち一条工務店の家を2軒建てられた、フェッピーさんの電子書籍です。

一条工務店施主、検討者のカリスマ的存在です。

 

フェッピーさんのブログ

「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿)by 一条工務店

フェッピーさんのinstagram @fueppi4649

 

高気密高断熱住宅、家の性能、24時間空調について、本格的に書かれています。

一般の方にわかりやすいような言葉で書いてくださっているのも特徴です。

 

——–目次——–

はじめに
1.高気密高断熱住宅の必要性
2000年頃と変わらない現在の家作り
値段が高くて寒い大手ハウスメーカーの家
気密性能は必須
窓を開けない家作りがなぜ必要なのか

2.相変わらず日本の家の性能は低い
長期優良住宅は意味があるのか
木造住宅の四号特例が日本の家作りをダメにしている
断熱等性能等級「4」は最低レベル
トリプルサッシの必要性
施工不良はどこで建てても起きる
一条工務店のイノベーション

3.軸組工法と枠組工法
軸組工法は耐震性を犠牲にすれば開放的にできる
柱の太さは耐震性とあまり関係ない
在来工法と枠組工法はどちらが良いの?

4.住宅の性能改善と抵抗勢力
耐震性
断熱性能
気密性能
気流止めの必要性
ヒートブリッジには要注意
くたばれ自然素材デザイナー住宅
どの程度の家の性能が必要か

5.住宅業界の本当の闇
基礎コンクリートの寿命は設計時に決まっている
設計の欠陥住宅と施工の欠陥住宅
シロアリと湿気は関係ない
シックハウス対策の中心はダニ
地場工務店はブラック企業

6.家作りの常識は実は非常識
そこまでの性能は必要ありませんというウソ
床暖房は必要ありませんというウソ
ハイテク装備は維持費がかかりますよというウソ
一条工務店より300万円安くて同等の家が作れますというウソ
屋根一体型太陽光パネルは固定資産税が上がりますという話
一条ルールの誤解
住宅会社の悪質なセールストークに注意する
住宅会社がスポンサーの住宅情報サイトには注意
施主や一般人が発信する情報には要注意

7.初めての家作りは失敗する

8.私が一条工務店を選んだ理由

9.エアコンの設置場所や運転方法は常識にとらわれない

10.高気密高断熱住宅の設計方法と良くある誤解
パッシブハウスは無暖房住宅ではなく軽暖房住宅
寒冷地以外に高気密高断熱住宅は必要ない?
一種換気か三種換気か
コストを含めて完璧な断熱材は存在しない
遮熱材には断熱効果はない
窓は全方角大きくしない
エアコンの設定温度28℃は間違い
高気密高断熱住宅は乾燥する
一条工務店支給の湿度計は湿度が低くでる?
計画換気とエアコン全館冷房は関係ない
樹脂サッシは日射でボロボロにならない
絶対湿度を知る
インフルエンザと湿度は関係ない?
オール電化がお薦め
エアコン暖房でも快適
さらぽか空調にはエアコンが1台必要
バルコニーは不要
エアコン1台全館冷房は完璧でなくても良い
日射シュミレーションは重要
風無しパッシブ設計を取り入れる
網戸は無くても良い
浴室乾燥機は必要ない
浴室換気扇は利用しない
洗濯乾燥機は必要ない

11.家作りチェックリスト

あとがき

 

全館床暖房の一条工務店オーナーでありながら、あえて寒冷地で床暖房を使わず、エアコン1台で快適生活を送ることができることを実践で証明されている、マニアックレベルのこだわりの方です。

フェッピーさんの考えた、壁掛けエアコン1台(または2台)で、家中を冷房する手法のことを、F式全館冷房(フエッピー式)と呼ばれています。

家の性能に興味のある方は、一条工務店の好き嫌いに関わらず、読んでみられることをお奨めします。

どこの住宅会社に相談するにしろ、チェックポイントがよくわかりますよ。

 


 

HOUSEリサーチから住宅会社・設計事務所に

・パンフレット(住宅カタログ)を請求
・家の相談(話を聞く)
・家の建築を依頼

をすると、

HOUSEリサーチより住宅会社・設計事務所へのお問合わせ・資料請求された方
「全員」に図書カード または amazonギフト券1000円分をプレゼント!
(会員登録(無料)をしていない場合は500円分

住宅に関する書籍等の購入にご利用くださいませ。

 




 

住宅会社・設計事務所の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご掲載をお待ちしています!

 

 

CLOSE