家を建てたい人のための情報マガジン

「四角い家」と「窓」について考える。窓って何なのだろう?

シンプルでカッコいい四角い家

とても多く見かけるようになりましたね。

真っ白な箱のお家 | 愛媛県松山市

 

実は「ある会社の四角い家」がモデルとなって、広がりました。

 

この四角い家、登場したのは2009年

福岡にあるMAKIHAUS株式会社の眞木健一さんが企画し、商品化された「casa cube」です。

 

現在は、カーサプロジェクト株式会社さん(casa cubeネットワーク本部)が展開されています。

 

「casa cube」は、2018年に10周年を迎えられました。

10周年を記念して出版されたムック本

with CASA「シンプルで美しい、四角い家 casa cube」

amazonで購入できますが、

資料請求サイトから無料でプレゼントいただけます。

 

casa cubuについては、私が説明するより、上記ムック本や、下記の書籍をご覧いただく方がよくわかります。

四角い家の秘密

 

簡単にまとめますと、

・四角い家は建築コストが安くなる
・四角い家は耐震性に優れる
・四角い家はメンテナンスコストも安くなる

 

そして、casa cubeの大きな特徴は、

・大きな窓がない(スリット窓と天窓)
・だから、断熱性に優れる
・だから、防犯性が高い
・だから、土地を選ばない

ということです。

(さすがに、周囲の四角い家で、窓がない家はほとんど見かけないのですが、構造面からも窓は少なめですよね。)

 

casa cubeの書籍やムック本を読んでいて、

「窓」について、いろいろと考えてしまいました。

 

窓のメリットはやはり、

・光が入って明るい!
・光が入ると暖かい!
・窓をあけると風が通る!
・外の景色がよく見える!
・掃き出し窓からテラスやウッドデッキに出られる

などなどですよね。

 

ただ、窓のデメリットもいろいろとあります。

・夏は光が入って暑い!
・特に夏の西日は大変!
・夏は温室効果が高すぎる!
・冬は熱損失が大きい!
・周囲の目があるので、カーテンを閉めてしまい、景色どころではない
・防犯面が心配!
・格子やシャッターをつけると、コストがかかるし、デザインが落ちる

などなどがデメリットでしょうか。

 

そうなんですよね。

窓について、いろいろと考えていると、

・西側に窓って必要なのだろうか?
・大きな窓は、暖房も冷房も効率が悪い。
・窓の数だけカーテンが必要でコストがかかる。
・特に1階の窓は、カーテンを閉めっぱなし。
・24時間換気のため、窓を開けることがあまりない。
・特に春は窓を開けると、黄砂や花粉やPM2.5が入ってくる。

窓って、いったい何なのだろう?という疑問も生まれてきます。

 

建築家の方の設計の家って、縁側+一面の窓の意匠が多いですよね。

リビングと縁側、そして庭が続いていて、デザイン的にもとてもきれいです。

でも、昔の家のように、一面の窓を開けっぱなしにすることってあるのかな?とも感じます。

網戸をしておかないと、虫も自由に入ってきますし。

ただ、昔の家が開けっ放しだったことを考えると、これは生活スタイルで考え方が変わるのかなとも思います。

 

皆さんは、窓についてどのように考えますか?

 

私は、南側や西側の窓に関しては、オーニングまでいかなくても、シェード・タープをつけれるようにしておけば良かったな、というのが反省点です。

太陽光の断熱は、カーテンやハニカムシェード等の内側より、オーニングやシェード・タープ等の外側で行う方が、かなり効率的ですよ!


KING DO WAY 95%UVカット サンシェード 300*300cm

 


住宅用オーニング エルパティオプラス (レッド)

 

 

窓についてはこちらもご参照ください。

 

HOUSEリサーチ運営事業部
いっしー(家の素人 勉強中)
家を建ててようやく家の基本中の基本を知る。
建築家の皆さまにご教授いただきながら、家について楽しく学んでいます。

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 




 

建築家・住宅会社の皆さま、「HOUSEリサーチ」のご掲載をお待ちしています!

 

 

CLOSE