家を建てたい人のための情報マガジン

自分で割る?それとも購入する?薪について

と言えば、
木材を斧などで使いやすい大きさに切断して束ねている・・・
という感じを想像できますよね (^ ^)

 

日本では、昔は台所やお風呂で使われる大事な燃料だったわけですが、
今では、「薪ストーブキャンプファイヤーに使われる燃料」という認識です。

必要だから、自分で薪を作ろう!という方もいらっしゃいますよね。
でも、薪割りって、実際やってみると慣れるまでは簡単ではないみたいです。

 

まず、丸太を手に入れ、30cmくらいにカットしてから、使う大きさに割ります。
それから、しっかり乾燥させます。

斧で少しづつ薪割りをするのも醍醐味ですが、
もっと簡単に!
と思う方は、電動薪割り機エンジン付きの薪割り機などを使ってもいいですね。


YouTen(ユーテン) 薪割り機 15t 縦横斜め置き リコイル 組立式 (薪割り機 15t)

 

ところで、薪にする木ですが
簡単に割れるものと、割れにくいものがあるようです。

それは・・・

●マツ・スギ・ヒノキなどの針葉樹は、葉が細長く、軽くて柔らかいものが多いので
割れやすい。
着火性に優れているため、炊き付け材に向いている。

●サクラ・ケヤキなどの広葉樹は、葉が広く、重くて硬いものが多く、割れにくい。
ゆっくり燃えるので火持ちがよい。

 

この、針葉樹広葉樹を混ぜて使用したり、
細い枝・中くらいの太さ・太いもの」と、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

 

木材を適当な大きさにカットしても、すぐに使えるわけではありません。
乾燥が不十分だと、火がつきにくく、多くの煙を出し、煙突火災の原因の可能性もあるので、しっかり乾燥させないといけません!

 

乾燥の目安は・・・
・雨に濡れないように、また地面につかないようにじっくり1年以上乾燥させる。

含水分率が20%以下のもの(切ってすぐの木は50%が水分だそうです)

この含水分率を調べるのに、「含水分率計」というものが販売されているようです。


Dr.Meterデジタル木材水分計 木材の湿度測定に(操作簡単) 4ピンタイプ キャリングケース付き MD814

 

乾燥させる時間も場所も必要ですし、結構大変な作業ですね(^ ^;)
なので、現在は半数以上の人がホームセンターやインターネットで買うそうですよ。

 

 

こちらのコラムもどうぞ!

おすすめ暖房器具!薪ストーブ!

 


 

HOUSEリサーチ運営事業部
ひとみん(サービス裏方 がんばってます♪)
家についてのあれこれ、楽しく学んでいます!

 

※プロの皆さま、このコラムは家の素人が、建築家の皆さまに教えていただいたり、書籍等で勉強したりした内容を記載しております。
間違いや修正事項がございましたら、ぜひ、ご指摘いただければと思います。

 

CLOSE